楽習フォーラム活動表彰 受賞者紹介

☜表彰ページに戻る

多田 葉津恵(山形県)

多田葉津恵

社会貢献部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

山形県各地において、銘柄米「つや姫」を使ったデコ巻きずし講座を11回開催、参加人数は外国人も含め225名(2016年度)。山形新聞、日本農業新聞、山形コミュニティ新聞など多数のメディアの取材を受ける。「マイスター認定講座」も主催し、14名のデコ巻きずしマイスターを輩出。
フラワーにおいても、公民館・企業・イベントなどでアレンジメント制作講座を多数開催。「木と住まいの大博覧会 - 住まいの耐震博覧会2017」にて、指導した作品が銀賞を受賞する。

活動のお写真

活動のお写真

コメント・メッセージ

資格を取得したことで、学校・コミュニティー・商工会・市役所などで多くの開講の機会を得ました。デコ巻きずしでは子供がご飯を喜んで食べてくれるようになったり、フラワーではお年寄りに笑顔を取り戻せたりと、たくさんの感動・感激・感謝を感じています。とくにデコ巻きずしは、米どころ山形の活性化に拍車がかかり、とても嬉しいです。
講座前は早く理解してもらうためのシミュレーションや、簡単な後始末の工夫などをしています。自分の技術をみがき、皆さんに「楽しみ」を伝える気持ちで活動しています。

☜表彰ページに戻る

石黒 かんな(東京都)

石黒かんな

国際交流部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

ヨーロッパ最大級のハンドメイド見本市・ドイツドルトムントで開催されたCREATIVA2017のdesignervillage(デザイナービレッジ)に出展。来場者を対象に、天然石の3点留めとフラットワイヤーをテーマにした作品のワークショップを行う。
ニューヨークメトロポリタンミュージアムに桂由美氏のドレスとともに作品「漆黒の輝き」を寄贈する。

コメント・メッセージ

日本での活動がドイツでどれだけ通用するか不安はありましたが、終えてみて、ドイツの方に日本の確かな技術をお伝えすることができたのではないかと思っています。受講者のみなさまはとても熱心に聞いてくださり、技術は言葉の壁をこえると実感しました。
一人でできることには限界がありますが、今回は中島あけみ先生とご一緒させていただき、良き仲間の存在に感謝です。
新しい事に挑戦するには勇気が必要ですが、チャンスを逃さず、まずはトライすることが大切だと思います。誠意を持って一生懸命取り組めば、きっと何かが見えてくると思います。

☜表彰ページに戻る

越後 悦子(青森県)

越後悦子

社会貢献部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

青森県三浦貢子先生に師事し、毎年12月24日クリスマスイブに、八戸市民病院のがん病棟の患者約40名へ「ビーズステッチ認定講座」レッスン1の作品をもとにした手作りのビーズストラップをプレゼントする活動を続けている。

活動のお写真

活動のお写真

コメント・メッセージ

もともと行っていたボランティア活動にビーズステッチの認定資格を活かしたいと思い、この取り組みを始めました。昨年で5回目になりましたが、患者さんの「サンタさん、来年も来るの?」と楽しみにしてくれる言葉に後押しされ、今年もプレゼントを企画中です。余命を宣告されながらも頑張っている患者さんとご家族、病院スタッフさんたちに、つかの間でも笑顔をお贈りできることが嬉しいです。
小さなビーズに、こんなにも人を喜ばせるパワーがあったなんてと驚きつつ、三浦先生とビーズに出会えた喜びに浸っている毎日です。

☜表彰ページに戻る

大西 久美(兵庫県)

大西久美

国際交流部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

徳島県・原田昭子先生とともに、アメリカ テネシー州ノックスビル、テネシー大学のシェアハウスで大学生を対象にデコ巻きずしを講義し大きな反響を得る。好評につき二日目も開講した際にはさらに参加者の輪が広がり、デコ巻きずしによって言葉を超えたコミュニケーションの場を作ることに成功する。

活動のお写真

活動のお写真

コメント・メッセージ

デコ巻きすしと出会ったことで、原田さんという素敵な生徒さんとの出逢いや、アメリカに行く機会を得ることになり、最高に幸せな時間を過ごすことができました。
お教室活動は集客が大変ですが、コツコツとSNSで発信していると学びたい人が来てくれるので、あきらめないことが大切です!この先もデコ巻き寿司講師として全国巡業し、日本中・世界中の人たちにコ巻きずしの楽しさを伝えて行きたいと思います。

☜表彰ページに戻る

荻 サエコ(東京都)

荻サエコ

社会貢献部門

ものづくり文化部門

メディア掲載・企業コラボレーション部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

カルチャー教室や自宅サロンでのジュエルDeCoRe講座に加え、夏休みの自由研究を目的とした小学生向けの講座、地域マーケットでの体験講座などを開講。かしわくフェスタへの出店や、ネットショップ、オーダーメイドでの作品販売も行っており、活動が地域新聞で取り上げられる。

コメント・メッセージ

ジュエルDeCoReのキラキラは、子供から大人関係なく興味を惹き、笑顔にする事ができると思います。地域や年代によっても反響が変わるので、講座や販売の際には、そのときのお客様に合わせてデザインを変えたり、オリジナル作品を作ったりするよう心掛けています。これからも活動をつづけ、頑張ってゆきたいと思います。

☜表彰ページに戻る

杉本 美咲(岡山県)

杉本美咲

社会貢献部門

国際交流部門

メディア掲載・企業コラボレーション部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

くまモンのデコ巻きずしを巻いて熊本を応援するイベントを開催。参加者と熊本への思いを共にし、受講料の一部を寄付。日本の文化紹介と交流会で約20名の外国人を対象にデコ巻きずしを講義し、各国の参加者から大好評を得る。
読売テレビ「口コミ新発見!旅プラ」でタレントのおのののかさんと具志堅洋行さんに、地元・岡山の食材である胸上産の海苔と 黄ニラ・岡山パクチーを使ったデコ巻きずしを指導。

コメント・メッセージ

デコ巻きずしを通じて受講生と一体感を感じられたり、喜んでもらえることがとても嬉しいです。
2017年は100人の外国人の方にデコ巻きずしを伝えることが目標。また、地産地消を心掛けた講座を開講することも続けてゆきたいと思います。これからもデコ巻きずしを通じてみなさんの幸せを願い、楽しみながらも喜ばれる活動をしていきたいと思っております。

☜表彰ページに戻る

鈴木 美香(静岡県)

鈴木美香

社会貢献部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

公民館で毎回8名程度の講座を年24回開講。そのほかに自主事業、イベントなどでもアクセサリー講座を開催。放課後の児童クラブで子供向けの指導にも取り組む。静岡新聞にて公民館祭りでの講座の様子が掲載される。
家庭教育支援員と並行して講師活動を行ない、子供や子育て世代の母親へ手作りの楽しさを広めることに特に力を入れている。

活動のお写真

活動のお写真

コメント・メッセージ

何よりも子供が好きで、育てているママさん達にも笑顔でいてほしいという強い思いが私の活動の原動力です。未来の手作り人口を創出するため、子供達が「作るって楽しい」を味わえる機会を設けたり、日ごろなかなか家で手作りできないママ向けの講座を開講していますが、受講後の嬉しそうな顔を見るのが何より嬉しく、励みになります。自分の興味のある分野と手作りをコラボさせることが、活躍の場や機会を生むことになるのではと思います。

☜表彰ページに戻る

新田 佳子(宮城県)

新田佳子

社会貢献部門

ものづくり文化部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

自宅アトリエ、カルチャーセンター、手芸店、個人宅への出張で、毎月のべ35名ほどにレッスンを行う。2016年8月に仙台発大人の情報誌「りらく」 にビーズジュエリー作家として掲載されたことをきっかけに活動に拍車がかかる。2017年1月には地方紙に震災支援活動として取り組んだビーズ教室が取り上げられる。

コメント・メッセージ

生徒さま一人ひとりに合う教材やスキルアップの方法を提案すること、新しい技術を丁寧に指導すること、「さすが先生!」と言ってもらえるようなプラスαを伝えること…そんな日々の積み重ねの結果、雑誌や新聞に取り上げられ、作家としての活動の幅が広がりました。こつこつした努力も、まずは踏み出してこそ。小さなことからでも、少しでも早く、始めることが大切だと思います。

☜表彰ページに戻る

原田 昭子(徳島県)

原田昭子

国際交流部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

兵庫県・大西久美先生とともに、アメリカ テネシー州ノックスビル、テネシー大学のシェアハウスで大学生を対象にデコ巻きずしを講義し大きな反響を得る。好評につき二日目も開講した際にはさらに参加者の輪が広がり、デコ巻きずしによって言葉を超えたコミュニケーションの場を作ることに成功する。

活動のお写真

活動のお写真

コメント・メッセージ

参加者の方からは"Wow!" "Oh my God!"とあちこちから感動の声が!予想以上の反響でした。言葉は解らなくでも、美味しい・楽しい・可愛いと感じる心は、世界共通なんですね。最後には「アリガトウ!」と日本語で感謝の言葉をいただき、嬉しくて泣きそうになりました。
デコ巻きずしとの出会いにありがとう!これからもデコ巻き寿司の楽しさを多くの人達に伝えることができるよう、マイスターとして成長して行きたいと思っています。

☜表彰ページに戻る

福島 イツヨ(京都府)

福島イツヨ

社会貢献部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

舞鶴で長年にわたりビーズ制作を指導。地元の小学校でクラブ活動の外部講師として活躍。ショッピングセンターでも毎月30名ほどに指導を行う。カナダと日本の交換留学生らに日本文化を紹介する取り組みとしてビーズアクセサリー作りを講義。活動が地元ラジオ「FMまいづる」に取り上げられ、同局の番組にゲスト出演する。

活動のお写真

活動のお写真

コメント・メッセージ

地方で活動しているのでビーズショップがなく材料の仕入れが大変ですが、生徒さんの「自分にもできた!」という歓声を聞いた時の喜びには代えられません。留学生が完成した作品を身に着けて帰国してゆく姿には、日本の文化が海を越え伝わるのだと思い目頭が熱くなりました。
資格取得は、年齢に関係なく人生を変えます。活動を通じて得られる子供から高齢者の方まで幅広い人との出会いや、未知の世界を知ることで、物事を前向きにとらえる元気をもらっています。

☜表彰ページに戻る

望月 芳子(福岡県)

望月芳子

国際交流部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

自身のアカデミーの講座や講演活動、コミュニティでの活動において、楽習フォーラムで取得したパワーストーン、セルフネイル、デコレなどの技術を用いた講座・指導を、アメリカ・香港・ベトナムのほか、世界各国で行う。

コメント・メッセージ

「文化は人を育て より良い毎日、人生を作り出す」ということをコンセプトに、国内外を問わず活動をしています。楽習フォーラムで学んだ技術を用いたアクセサリーの制作やネイルアートはいずれも現地の方々に好評で、国が変わっても人が求めるものは同じであると感じました。
今は認定講座で習得した技術をアレンジしての指導が中心ですが、今後は資格を取りたい方や、趣味を深めたい方向けの講座も、世界に向けて伝えてゆきたいと考えています。

☜表彰ページに戻る

森 浩美(神奈川県)

森浩美

ものづくり文化部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

横浜市内7区で毎月6回の編み物講座を定期開催。育児と両立させながら、毎月のべ20~30名を指導。とくに初心者向けレッスンに力を入れており、生徒は20代から80代の幅広い世代にわたる。

活動のお写真

活動のお写真

コメント・メッセージ

「レッスンの度に目からウロコが落ちる」と喜んでいただけ、初心者の方に貢献できることが嬉しいです。
資格を取ったら、すぐに教えるのが一番だと思います。私は2014年10月に資格を取得し、同年12月にお教室を開講しました。教えながら、先生も成長していきます。最初は3名だった教室も毎月少しづつ生徒が増え、現在は40名の方にご登録いただいております。充実した毎日を過ごせて幸せです。

☜表彰ページに戻る

山本 嘉世子(神奈川県)

山本嘉世子

社会貢献部門

ものづくり文化部門

活動内容・実績(要約・抜粋)

14年前に認定会員となって以降、精力的に活動し「日本の美」を取り入れた作品は数多くのコンテストで受賞。自宅や出張での指導に加え福島県の夏期教員実務研修会の講師としても活躍し、地元紙に取り上げられる。デパートやイベントに出展しての作品販売も行い、幅広い地域と方面において作家・講師としての活動を展開する。

活動のお写真

活動のお写真

コメント・メッセージ

イベントの際には、生徒さん、友人、知人が来場し、自分を応援してくださる方がおおぜい存在していることを実感し感謝しています。ひとに教えるということは、自分が完全に理解していないとできません。どう指導すればよいか日々工夫し、完成した作品を嬉しそうに身に着ける生徒さんとともに、達成感を味わっています。
これからもものづくりを通して皆さんに喜んでいただけることと、社会に貢献する取り組みを続けてゆきたいと思います。

TOPに戻る