1. 楽習フォーラム トップ
  2. 講座のご紹介
  3. ビーズ&ジュエリー
  4. ビーズアートステッチ
ビーズ&ジュエリー

ビーズアートステッチ


講座紹介

針・糸・ビーズ。
長い歴史と伝統を持つ世界
の様々な技術を基本から

ビーズ(ジュエリー)ステッチとは、海外では長い歴史と伝統を持つ、針と糸でビーズを編む人気のクラフトです。本講座は世界各地に伝わる伝統的な手法を融合した基本から学べる初心者でも安心の認定講座です。

講座カリキュラム JAPAN Design Lesson2

  • 講座カリキュラム JAPAN Design Lesson1
  • 講座カリキュラム JAPAN Design Lesson3
  • 講座カリキュラム JAPAN Design Lesson6
  • 講座カリキュラム JAPAN Design Lesson11
  • 講座カリキュラム JAPAN Design Lesson12

ビーズステッチ(ジュエリーステッチ)とは?
日本ではビーズ編みといえば透明なテグスを使うのが一般的ですが、海外では針に糸を通して編むのが一般的です。
ビーズステッチの歴史は古くは4000年以上前から作られており、世界のいろいろな地域や部族の中で特有の編み方が工夫され、今日に伝えられてきました。
ビーズステッチは長い歴史と伝統を持つクラフトなのです。

これからのビーズアクセサリーは針と糸で!
針と糸で編む手法が世界のスタンダードテクニックなのは理由があります。
1.繊細なデザインが思いのまま。
2.平面でも立体でも自由自在。
3.驚くほどに柔らかい仕上がり。
4.多種多様なステッチで、アートの表現が可能。
5.テグスでは通しにくかったビーズ!
作業がラクで、針を持ったら手放せません。年配の方でも安心です。

ビーズアートにも資格があるのをご存知ですか?
カリキュラム作品にはチェコのプラハ・スカーニャ社から直輸入した高級ビーズを使用。テグス編みとは趣が異なる、ラグジュアリーな大人のアクセサリーの数々。テグス編みにはない、軟らかくしなやかな手触りを楽しむことができます。

 ビーズアートステッチ技能認定証

講座を修了し、作品審査を受けると「ビーズアートステッチ技能認定証」が取得でき、楽習フォーラム会員に登録されますと、認定インストラクターとして活動することができます。

トピックス

お知らせ 2016.11.11
オートクチュールビーズ刺繍ジュエリー登場!!楽習フォーラムの新しいコンテンツとしてオートクチュールビーズ刺繍ジュエリー認定講座が始まります。詳細はこちらを御覧ください!
お知らせ 2016.11.11
ジュエリークロッシェの新コースが12月より登場!!
ジュエリークロッシェカリキュラム委員の英知が集結した新デザインや技術をご紹介します。
イベント・体験会 2016.11.21
12月1日〜6日まで大丸神戸店でコスチュームジュエリー展を開催!
コ スチュームジュエリー研究家 渡辺マリ先生所蔵のミリアム・ハスケルと、 ジャパニーズコスチュームジュエラーズの作品を販売します。
お知らせ 2016.11.01
桂由美先生が楽習フォーラム推進協議会(GFPC)の会長に就任されました
それに伴いまして、認定証の記載が、一般社団法人 楽習フォーラム推進協議会 会長 桂由美、一般財団法人 生涯学習開発財団 理事長 松田妙子と併記されます。
お知らせ 2016.10.04
マクラメジュエリー新コース【スタイリッシュコース】登場!!
スタイリッシュコースとして新たにレッスンが追加されました。ぜひご覧ください☆
お知らせ 2016.10.04
輪織りバッグ通信認定講座がスタート♪
専用織り機「おりりん」を使って「手軽に」「かんたんに」本格輪織りバッグを作ってみませんか?!
イベント・体験会 2016.10.03
11/13(日)・12/11(日)に「ゆび織り」体験会を
開催します!

なんと2時間でマフラーが作れます!お気軽にご参加ください♪
お知らせ 2016.09.28
デコもち通信認定講座がスタート♪
お子様も喜ぶ★美味しい講座「デコもち認定講座」が通信講座で登場!青森県下北半島の郷土菓子「べこもち」の優しく素朴な味わいを、伝統技法とともにお届けします。
お知らせ 2016.08.24
郷土料理や伝統工芸の次世代継承を支援するプロジェクトを開始!
下北半島の郷土料理「べこもち」を現代的にアレンジした「デコもち認定講座」がスタート。プロジェクトの第一弾として青森県むつ市と協定を締結し、下北半島発祥の「べこもち」を全国に普及させることを支援。
お知らせ 2016.08.24
★新講座★ 目指せボタンアーティスト♪

 「ハンドメイドボタン通信講座」がスタート!

ビーズアートステッチ全てのトピックスを見る


講座のご紹介


技能認定について